世界遺産に魅せられて旅した我が家の旅行記。世界七不思議といわれる遺跡は圧巻!

世界遺産を見に行こう!
マチュピチュと恐怖のペルー大地震マチュピチュと恐怖のペルー大地震マチュピチュと恐怖のペルー大地震マチュピチュと恐怖のペルー大地震マチュピチュと恐怖のペルー大地震

世界遺産を見に行こう!マチュピチュと恐怖のペルー大地震

■「サクサイワマン遺跡などクスコ近郊遺跡群」 2007年8月12日(日)Vol.3 クスコ快晴 ユカイ快晴

続いて向かったのはサクサイワマン遺跡。巨大な石が3層に積み上げられており、ジグザグと360メートルも続いています。中には、約5メートル、360トンもの巨石が使われていたりします。でかい!広大な広場では、毎年6月24日に太陽の祭りが行なわれているそうです。


↑広場は手入れがされていて、とてもきれい!あちこちに寝転がってくつろいでいる人たちがいました。


↑サクサイワマン遺跡から見下ろすクスコの町並みは絶景!山の中腹まで、ずらっと家が立ち並んでいます。


↑茶色い屋根がまるでパズルのピースのようです。そして、下から見上げるとこんな感じ。家の上に家が建っている!


↑民族衣装を着てリャマを連れている人たちを発見。どうやら、観光客と写真を撮る商売のよう。別の広場では、カイトで遊ぶ人たちを発見。カイトはペルーでも人気の遊びなんだそうです。

サクサイワマン遺跡を後にし、バスに乗ってクスコ近郊の遺跡へ案内してもらいました。

↑ケンコー遺跡。岩を削って造られているんだとか。遺跡のそばには必ず物売りの人たちがいます。


↑プカ・プカラ遺跡。「赤い要塞」とも呼ばれ、クスコに出入りする者たちを見張っていたところ。見晴らしのよい場所にありました。


↑タンポ・マチャイ遺跡。ここは標高3750メートル!富士山の頂上と変わらないのです〜。動物たちも、たくましい!


↑タンボ・マチャイ遺跡は聖なる泉と呼ばれ、一年中、常に同じ量の水が湧き出ています。水は飲めると聞いた夫は、さっそく挑戦していました。でも、この水がどこから流れてきているのかは不明なんだとか!


↑遺跡めぐりを終えてホテルへ向かう途中、ピサク村の市場へ立ち寄りました。ものすごい数の店が所狭しと並んでおり、民芸品や食物が売られています。アルパカのブランケット、刺繍が可愛い鍋敷き、小銭入れとキーホルダーを買ってきました。


↑宿泊予定のロイヤルインカピサックホテルに到着。建物全体がとてもカラフル!ホテルのあちこちに花が咲いていて、何とも気持ちが良かったです。


↑ホテルロビーの暖炉。日が落ちると一気に気温が下がるので要注意。壁には地図が描かれていて、見ていて飽きません。


↑そして夕食。マッシュルームのスープに白身魚。米はペルーの主食でもあるそうです。パンと並んで普通に出てきます。オレンジ色の飲み物はパパイヤジュース。フレッシュで美味しかった!


↑デザートはレモンパイ。とにかく甘い!しかもビッグサイズで食べきれず・・・。一緒にコカ茶をいただきました。


↑こちらのホテルでは、二人なのにベッドが三つある部屋を広々と使わせてもらいました。テレビやヒーター、ドライヤーもあって快適でした。しかし、トイレもやたらと広く、ここは寒かった〜!

マチュピチュ戻る マチュピチュ進む
このページのTOPへ△
世界遺産を見に行こう!ホームへ戻る
inserted by FC2 system